KAPOK X UNDERSCORE

tuc-kapok

In conjunction with the 2014 Singapore Design WeekKapok has collaborated with Underscore on a pop-up store at the ground floor of the newly opened National Design Centre. Kapok is a lifestyle shop from Hong Kong, offering a variety of products sourced internationally with a focus on quality and creativity.

As part of an Underscore special edition, Creative Cultures: The Singapore Showcase will form part of the pop-up with a retail exhibition of products crafted by local creatives across disciplines, alongside other local and international brands such as Grafunkt, Rains and 78%. Kapok will also be retailing their inaugural shirt collection.

To complete the overall retail experience, The U Café returns to celebrate good coffee and great reads with coffeehouse Dapper Coffee bringing on its signature blend, as well as Magpie with a selection of internationally sourced independent magazines, sharing the love for the printed craft.

As part of the pop-up store’s retail furniture, SIGNALS, our first ever range of CNC furniture developed in collaboration with materials finishing specialists, PROSPEC SURFACES, will be utilised, showcased and available for purchase.

Visit the Kapok pop-up store from 10 – 29 March 2014, and The U Café from 10 – 16 March 2014. This pop-up is a lead up to the official opening of Kapok’s flagship store in April. Come by for a preview of what to expect in time to come. We hope to see you there.


多くの女性は海外で非常に人気があることは、狂気のダンプのより多くの人々に非常に人気があり、高級ブランドのバッグ、高級ハンドバッグブランドだけでなく、日本でのを好みます。高級ハンドバッグブランド:Pierrekangraoo、LV、シャネル、グッチ、Diro、C&T、Ntino、プラダ、アルマーニ、ダンヒル、フェンディ、コーチ彼らの中国名はルイ?ヴィトン、シャネル、グッチ、ディオ、古代TIあり、Valentino、Prada、Giorgio Armani、Dunhill、Fendi、Oz。 ハンドバッグの異なるブランドはどこで生産されていますか?外の世界はほとんど分かりませんし、上場ブランドは透明でなければなりません。
  • ブランド携帯ケース
  • グッチiphoneケース
  • シャネルiphoneケース
  • エルメスiphoneケース
  • ルイヴィトンiphoneケース
  • 前世紀の初期に生まれたヨーロッパのブランドは、通常、ワークショップから始まります。ヨーロッパ人は伝統にもっと注意を払い、誇りを持ちますが、そのうちのいくつかは元の店舗の状態にまだ似ています。ヨーロッパのブランドはもともとは現地で生産されていましたが、多くはまだヨーロッパで生産されています。 しかし、プラダのような大きなブランドでも、グローバリゼーションの過程で低コストの生産者を見つけようとしています。彼らは、東ヨーロッパ、モーリシャス、香港などのアジア地域で生産を行っています。その後、中国は最大のハンドバッグOEM基盤となり、現在は徐々に東南アジアに移行しています。